So-net無料ブログ作成

国立科学博物館~上野のパンダ大集合~ [博物館・科学館]

11月に行って来たばかりだが、息子のウケが良かったので再び国立科学博物館に行って来た。
この調子ならまた行く事になりそうなので、毎回600円払うのもバカらしい。という事でリピーターズ・パスを購入した。1000円で1年間は常設展に限り入館し放題になる。もう少し息子が大きくなったら友の会に入っても良いだろうが、今はこれで十分な気がする。

さて、今回国立科学博物館に行った目的の一つが、「上野のパンダ大集合」を題された展示を見る事である。今まで上野動物園で飼育された7頭のパンダが一同に会している。
24713772471378
左から康康(カンカン),蘭蘭(ランラン),歓歓(ファンファン),飛飛(フェイフェイ)
康康(カンカン)と蘭蘭(ランラン)は、いわずと知れた1972年に来日した初代パンダ。約8年を上野動物園で飼育されていたそうだ。
歓歓(ファンファン)は、1980年に来日し、17年間もの間上野動物園で飼育されていた。フェイフェイとの間に3匹の仔を出産し、子育てしたお母さんパンダとして有名。
飛飛(フェイフェイ)は、1982年に来日。人に良く慣れたパンダで、人の手から直接餌を食べている映像などが多く残されている。歓歓(ファンファン)と飛飛(フェイフェイ)の子供達は、
24713792471380
左の初初(チュチュ),右上の童童(トントン)である。
初初(チュチュ),は、1985年にファンファンとフェイフェイの間に待望の仔として誕生した。しかし僅か43時間後に残念ながら死亡してしまったそうだ。ちょっと可愛そうだがしかたが無い。翌1986年に誕生したのが童童(トントン)で、3頭目の子供ユウユウは、下の写真の陵陵(リンリン)と交換で中国に帰りました。
2471381
童童(トントン)のお婿さんとして1992年に来日したこの陵陵(リンリン)。結局童童(トントン)との間では繁殖にいたらず、その後、昨年4月まで1頭で飼育されていました。息子と見に行った時にはまだ存命だったのですが・・・。

※各コメントは、展示に使われていた物を参考に書いています。


2009-01-12 23:51  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。